【チャップアップ|使い方】正しい使用の手順で育毛しよう!

6 min

チャップアップを何も考えず、適当に使うなんてもったいない!
チャップアップは正しく効果的な使い方をすれば、そのポテンシャルをより引き出すことができる可能性があるんです。

「チャップアップの正しい使い方は?」
「チャップアップを効果的に使うポイントは?」
「チャップアップはどれくらいの期間使えばいいの?」

本記事ではチャップアップの使い方について深掘り!
チャップアップの正しい使い方はもちろん、効果的に使用するために意識すべきことまで徹底的に解説します。

【チャップアップ|使い方】正しい使用方法

チャップアップ

育毛剤が持つポテンシャルを充分に発揮させるためには、正しい使い方でケアを行うことが重要です。

メーカーが推奨するチャップアップの使い方は超簡単。
毎日、2~3分程度のケアを行うだけで毛髪の悩みが解決するかもしれません。

  1. STEP

    髪の毛を乾いた状態にする

    洗髪後に使用する場合は、ドライヤーなどで十分に乾かしてください。

  2. STEP

    チャップアップ
    頭皮を9ブロックに分割するイメージで塗布

    「1ブロック3プッシュ⇒軽く揉み込む」を繰り返します。

  3. STEP

    チャップアップ
    最後に全体に3プッシュ塗布

    こすったりせず、押し込むようなイメージで頭皮全体を1分程度マッサージします。

チャップアップの使用回数は1日1回。
朝でも夜でも、ご自身の都合の良いタイミングでケアを行ってください。

朝と夜、1日2回の使用が必要な育毛剤が多い中、チャップアップは1日1回でOK。
育毛剤の効果はすぐに出るものではありません。
途中でやめることなく使用を続ける上で、重要な要素の一つが手間が少ないこと。
そうした意味でチャップアップはハードルが低い育毛剤と言えます。

ただし、経済的に余裕がある人は2本セットを購入して、朝と夜の1日2回ケアを行うとより効果的です。

育毛剤を塗布するときに、多い失敗が「液だれ」。
育毛剤の質感や噴射式などノズルの形状などによっても液だれの起こりやすさは違ってきますが、一度に多くの量を塗布することによっても起こりやすくなります。

チャップアップで液だれしないようにするコツは、頭部を9ブロックに分けて少しづつ塗布すること。
さらにその都度軽く揉みこむようにすると、液だれも防げますし、より浸透させることにもつながるので一石二鳥です。

多少の面倒くささはありますが、液だれによって貴重な育毛剤を無駄にしないためにも正しいやり方を心掛けましょう。

【チャップアップ|使い方】効果的に使用する6つのポイント

チャップアップ

チャップアップは、決して安い買い物ではありません。
どうせ使うならより効果的に使用したいですよね。

以下に挙げる6つのポイントを意識するだけで、効果的にケアを行うことが可能です。

チャップアップを効果的に使用するポイント
  1. シャンプーで皮脂や汚れを洗い落としてからケアを行う
  2. ドライヤーで頭皮をしっかりと乾かす
  3. 推奨されている使用回数や使用量を守る
  4. 髪ではなく頭皮に塗布する
  5. 頭皮マッサージをしてしっかりと揉み込む
  6. 使用後にドライヤーで乾かすときは冷風

①シャンプーで皮脂や汚れを洗い落としてからケアを行う

育毛剤の力を最大限に引き出すために必要なので「頭皮が清潔」であること。
頭皮に余分な皮脂や汚れがあると成分の浸透を妨げる可能性があるのです。

そのため育毛剤を使う理想的なタイミングは、シャンプーをした後。
しっかりと洗って、頭皮に余計なものがついていない状態でケアを行いましょう。

普段は1日1回しか髪を洗わない人が多いと思ますが、チャップアップを1日2回使用する人の場合はそれぞれの使用前に洗髪をすることをおすすめします。

そうは言っても、何かと忙しい朝の時間帯にシャンプーで髪を洗うのは難しいですよね。
朝は、シャンプーを使わずに水かお湯で軽く洗うだけでOK!
一方で夜は、シャンプーを使ってしっかりと洗うようにしてください。

またシャワーだけで済ませるのではなく入浴もすると、体が温まり血管が拡張します。
血行が良くなるため、育毛剤の成分が頭皮に浸透しやすくなり効果的です。

効果的なシャンプーの方法はこちらで解説

②ドライヤーで頭皮を7割程度乾かす

育毛剤を塗布する前のシャンプーは、効果的に使用するために欠かせません。
ただし、シャンプーをした後はドライヤーで乾かすようにしてください。

その理由は、髪の毛や頭皮に水分が残っていると成分の浸透を阻害する恐れがあるからです。

一方で、乾かしすぎるのはNG。
頭皮が乾ききってしまうのも、成分の浸透にとっては良くないのです。
そのため7割程度乾いた状態にするのがおすすめです。

③推奨されている使用回数や使用量を守る

育毛剤には通常、推奨される1日当たりの使用回数や使用量が決められています。
これを守らないと、せっかくの育毛剤が効果を充分に発揮できない可能性があります。

チャップアップの使用回数は1日1回。
使用量は1回に30プッシュです。
これを守ると1か月で1本程度を使用するペースとなります。

経済的に余裕があり、更に効果的にケアを行いたい方は2本セットを購入してください。
この場合は、朝と夜にそれぞれ1回ずつ、1日2回のケアを行います。
1回の使用量は同じく30プッシュ。
1か月で2本程度を使用するペースとなります。

早く効果を実感したいからといって、使用回数や1回あたりの使用量を増やすのはおすすめできません。
一般的に育毛剤は、推奨される量より多く使ったからといって効果が出やすくなるわけではありません。
ただただ無意味に使うことになってしまうので経済的にも良くないですし、頭皮のトラブルを誘発してしまう可能性もあります。

一方で、使用量をケチるのもNG。
安くない買い物なので1本を長く使いたい気持ちは分かりますが、逆効果です。

推奨される使用回数と使用量を守ることこそ効果を実感する一番の近道。
結局は一番経済的な使い方になるのです。

④髪ではなく頭皮に塗布する

育毛剤は髪の毛につけるものと勘違いしていませんか?

実際は、頭皮に塗布するのが正解。
育毛剤が頭皮にしっかりと届くようにプッシュすることが大切です。

上手に頭皮に塗布することができない場合は、しっかりと「分け目」を作ることがおすすめ。
分け目を作って、頭皮に育毛剤が直接届くようにしましょう。

⑤頭皮マッサージをしてしっかりと揉み込む

育毛剤は塗布して終わりではありません。
効果をより確かなものにするために重要なのが、頭皮マッサージです。

頭皮マッサージには皮膚の活性化や血行の促進効果があると言われているので、成分を浸透させるのに最適。
また育毛剤メーカーの研究によると、毛髪を太くする効果や強く健康な髪を育てる効果が確認できたのだとか。

手間は増えますが、効果を実感するためにもしっかりと行うようにしましょう。

効果的なマッサージの方法はこちらで解説

⑥使用後にドライヤーで乾かすときは冷風

育毛剤の塗布後にドライヤーを使って乾かすと、せっかくの育毛成分が熱風や温風で蒸発してしまう可能性があります。
そのため、ケアの後は自然乾燥がおすすめです。

どうしてもベタつきが気になるときや時間がないときは、ドライヤーの冷風で乾かすようにしてください。

【チャップアップ|使い方】効果的なシャンプーの方法

チャップアップシャンプー

チャップアップを使う上で重要になるのが、塗布の前に行うシャンプー。
頭皮に付着した余分な皮脂や汚れは、育毛剤の成分の浸透を阻害する恐れがあるので、しっかりとシャンプーをして落としましょう。

効果的なシャンプーを行うことができれば、チャップアップが持っているポテンシャルをより引き出すことが可能です。

効果的なシャンプーのポイント
  1. お湯で髪を充分に洗う
  2. シャンプーの原液を頭皮に直接つけない
  3. 髪全体をマッサージするように洗う
  4. しっかりとすすぐ

①お湯で髪を充分に洗う

シャンプーを使って髪を洗う前に、日常で付着した汚れやほこりをしっかりと落とすことが重要です。

頭皮についた不要な皮脂や汚れというのは、実はお湯だけでも70~80%が洗い流せると言われています。
シャンプーは、あくまでも残りの20~30%を洗い流すものという意識が大切。

まずは38℃程度のお湯でしっかりと洗いましょう。
目安の時間は3分間。

長いと感じるかもしれませんが、髪の毛のためには手間を惜しまないことも必要です。

②シャンプーの原液を頭皮に直接つけない

シャンプーを泡立てるときに、原液を頭皮に直接つけて泡立てるのはNGです。
その理由は、頭皮を痛める原因となる可能性があるから。

手のひらや泡立てネットを使ってしっかりと泡立ててから、頭皮につけて洗髪するのがおすすめです。

③髪全体をマッサージするように洗う

シャンプーというのは髪の毛を洗うものだと思われがちですが、違います。
シャンプーは、頭皮を洗うためのものです。

洗う時のポイントは、頭皮全体をマッサージするように行うこと。
指の腹で頭皮をこするのではなく、「頭皮を動かす」イメージでシャンプーを行うと効果的です。

④しっかりとすすぐ

シャンプーをした後は、「しっかりとすすぐ」ことが重要です。

シャンプーが頭皮に残っていると、育毛剤の浸透を妨げる可能性があります。
せっかく余分な皮脂や汚れを落としたのに、それでは逆効果です。

特にアミノ酸系シャンプーの場合は注意が必要。
配合されているアミノ酸系界面活性剤が皮膚に付着する特徴を持つため、しっかりとすすぐようにしてください。

洗い残しがあると育毛剤の浸透を阻害するだけでなく、抜け毛やふけ、かゆみの原因となってしまいます。
繰り返しになりますが、しっかりとすすぐことが肝心です。

【チャップアップ|使い方】効果的な頭皮マッサージの方法

チャップアップ

育毛剤が持つ力をしっかりと引き出すのに頭皮マッサージは欠かせません。

頭皮マッサージには皮膚の活性化や血行の促進効果があると言われています。
こうした作用により、育毛剤の成分をしっかりと浸透させることが期待できるんです。

このほかにも「毛髪を太くする」、「強く健康な髪を育てる」といった効果があることも育毛剤メーカーの研究で分かっているなど、育毛剤を使う際に頭皮マッサージをしない選択肢なんてないんです。

チャップアップのメーカーが推奨する頭皮マッサージの方法は以下の通りです。

①こめかみをほぐして頭全体の血行を改善するマッサージ

  1. STEP

    両方のこめかみに親指の付け根の部分を当て、目を吊り上げるように押し上げる

  2. STEP

    目を吊り上げた状態で、さらに押し上げるようにこめかみ周辺を回す

②首筋を押し上げてコリをほぐすマッサージ

  1. STEP

    頭の後ろで手を組み、両方の親指で首の付け根部分を押す

  2. STEP

    組んだ手をほどき、10本の指先で後頭部を包むようにする

  3. STEP

    親指を少しづつずらしながら押す

③ツボを押して頭皮をリラックスさせるマッサージ

  1. STEP

    片方の親指の第一関節部分(手の甲側)で百会を真下へ向かって押す髪の毛を乾いた状態にする

    ※百会:両耳の耳たぶの延長線上の頭頂部あたりにあるツボ

【チャップアップ|使い方】使用する期間はどれくらい?

チャップアップ

チャップアップを使用する上で気になるのが、効果が出るまでの期間はどのくらいなのかということですよね?

まず効果に関しては、それぞれ生活環境が違うため、個人差が大きいというのが事実です。
早い人では1か月ほどで髪の毛にハリやコシが出てきたと実感する人もいるようですが、1年以上使っても効果を実感できないという人もいます。
メーカーの集計では、使用開始から3~4か月で変化を感じたという人が多いようです。

チャップアップは頭皮環境を健やかに保った後、徐々に髪の毛にハリやコシを与えていきます。
そのため使用期間が短いと、育毛や発毛促進効果が実感できない可能性も・・・。
まずは半年程度、効果を実感できなくても使用を続けることをおすすめします。

ただし使用期間が長ければ必ず効果が実感できるというわけでもありません。
ヘアサイクルは様々な要因で乱れてしまいます。
チャップアップによるケアだけでなく、併せてシャンプーの方法や食生活、生活習慣の見直しを行うことも重要です。

【チャップアップ|使い方】まとめ

本記事ではチャップアップの使い方について解説しました。
チャップアップを正しく効果的に使うことが悩みを解決する近道。

ここで簡単にまとめておきます。

チャップアップを効果的に使用するポイント
  1. シャンプーで皮脂や汚れを洗い落としてからケアを行う
  2. ドライヤーで頭皮をしっかりと乾かす
  3. 推奨されている使用回数や使用量を守る
  4. 髪ではなく頭皮に塗布する
  5. 頭皮マッサージをしてしっかりと揉み込む
  6. 使用後にドライヤーで乾かすときは冷風

チャップアップは間違った使い方をすると、その力を充分に発揮できない可能性があります。
チャップアップを正しく使用して、育毛効果を実感しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です